「しっぽのなかま上越」はこんな団体です!

「しっぽのなかま上越」は2015年この8月に発足したばかりの新しい「どうぶつの保護と環境改善」を目的にした動物保護団体です。

■昨年上越市内で起こった「猫50匹の多頭崩壊」

多頭崩壊②
多頭崩壊①


高齢者が室内で避妊や去勢せず猫を飼っていたことで50匹以上にもなり、室内は糞尿だらけ、強烈なにおいで目も開けていられないような過酷な環境で生活していた猫達をたくさんのボランティアさん達の協力のもと、猫達のお世話をし里親を探すという「事件」がありました。「しっぽのなかま上越」はその時のボランティア5名が中心となり立ち上げた団体です。(ここ数年、このように高齢者が避妊去勢せず犬猫を莫大に増やしてしまう事例は「アニマルホーダー」と言われ、全国的にも問題になっています。)

現在上越市では犬よりも猫の保護依頼が圧倒的に多いのが現状です。「庭で野良猫が子供を産んだ」「道路に仔猫が捨てられている」「ねこにエサをやっている人がいて野良猫が増えて困る」等々お寄せいただく相談はひっきりなしです。譲渡会で里親さんを探し、しあわせになる子がいる一方でまた新しい仔猫や野良猫の電話が入るのです。

港町の親子


■これからの団体の活動
保護活動はこれまで通り行いながらも、大切なのはその原因となる「人間側の問題の改善」を行うこと。すぐに大きなことはできませんが、上越市が少しでも「動物にやさしい街」になれたらと、みんなで協力して活動していきたいと思っています。

団体案内①


◎猫の保護相談及び保護・里親探し

◎「上越市猫の殺処分ゼロ!」に向けての活動
人と動物が暮らしやすい上越市をめざして

・行政、市町村との協力体制の確立
・地域猫の周知活動
・市民のみなさんへ 知ってもらうためのイベント・勉強会
(避妊去勢の大切さ/室内飼いがなぜよいのか?/成猫から飼う良さ/ペットショップの真実)
・こどもたちへ 学校訪問を通して命の大切さを伝える授業


◆「しっぽのなかま上越」の活動資金は全て、一般の方からの寄付やサポーターさんからの会費によって支えられています。
サポーター・ボランティア募集はこちら

【お振込先】

ゆうちょ銀行  一二八支店
普通預金 口座番号:2167568
口座名:しっぽのなかま上越

※恐れ入りますが振込手数料のご負担をお願いいたします。
※ご送金後、団体アドレス〔sippononakama.jo❤gmail.com(❤→@)〕までご連絡いただければ幸いです。


【支援物資】
amazon しっぽのなかま上越 欲しい物リスト:
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2037L38UGPLVX



スポンサーサイト
物資の支援をお願いします!
しっぽのなかま上越 ほしいものリストへ
ほしいものリストからお買い物していただくと、しっぽのなかま上越に物資が届くシステムです。