しあわせになった子達:つぼみ、あやめ

                      つぼみあやめ

4月につぼみちゃん(左)、7月にあやめちゃん(右)が同じ里親さんのもとへ譲渡となりました。
どんなになつきにくい子でも受け止めてくださる、ボランティアスタッフも一目置くワイルドな里親さんです!


□■ つぼみちゃん ■□

ベテランの一時預かりさんにのおうちでもなかなか心を開かずフーシャー言っていたつぼみ。5日間ご飯を食べずにストライキを起こしていたくらいの根性のある子です😅

団体にメールでつぼみのご指名を頂き、「この子はまだ譲渡できる状態ではないので」と説明したのですが、他の人のところで慣れてから引き取るより、自分のうちで慣らしていきたいとのことで、お見合いの結果、トライアルの運びとなりました。

センターから引き取った先住猫ちゃん、16才で亡くなったワンちゃんは動物保護管理センターから来た子で、訓練士さんもさじを投げた殺処分予定の強者だったそうです。実際にヒアリング(お見合い)の時、つぼみをさわろうとして手を引っかかれ血を流しても「大丈夫ですよこのくらい」と言いながら撫で続ける里親さんを見て、この方だったらつぼみをお願いできるかもと!

つぼみ2

まさかあのつぼみに里親希望者が現れるとは思ってもみませんでした。リリースもやむなしとまで考えていたのにどこに縁があるのかわかりませんね。

つぼみ1

つぼみは夜になると動きだしリビングの台の上の物を落として散らかしたりするそうです。誰かに見つかるとスローモーションでそーっと動くんですよ、と嬉しそうに仰ってました。
普段はつぼみのやりたいようにそっとしておくのだそうです。

名前は仮の名前を引き継いで「つぼみ」のままです。

つぼみの心が花開いていきますように・・・


□■ あやめちゃん ■□

その後譲渡会開催中につぼみの里親さんがご家族を連れていらっしゃいまして、小さな子猫達を見ておられましたが、ワイルドな里親さんにピッタリのあやめちゃんをお勧めしましたところ、とっても気に入ってくださいました🎵
3匹目ということもあり相談しまして…この方を逃したらあやめのチャンスも逃すことになりそうでしたので早速そのままトライアルさせていただきました!(^o^)

あやめ1

あやめはつぼみと微妙な距離を保ちつつ、フーシャーも言わず馴染んでおりました😁先住猫ちゃんともつるんで遊んでいるそう♪名前はそのまま「あやめ」です。

あやめ3

あやめ2

それからつぼみは里親さんのお陰で名前を呼ぶとちゃんと顔を出し、猫じゃらしで遊び、ゴロゴロと喉をならすようにまでなったそうです(◎o◎)!

決してあきらめてはいけないこと、今回の件で学びました。あきらめるより、信じることが大切ですね!

スポンサーサイト
物資の支援をお願いします!
しっぽのなかま上越 ほしいものリストへ
ほしいものリストからお買い物していただくと、しっぽのなかま上越に物資が届くシステムです。