お詫び:小雪・マカロンの妊娠について

皆様こんにちは、総務の横山でございます。
本日は皆様にお詫びを申し上げなければなりません!

先月11月15日に掲載した『妊娠しているママ猫の事』というタイトルで出産間近の小雪の話を書きましたが、なんとなんと小雪・・・・・妊娠していませんでした!?あれから一向に産まれる気配がなく、これはおかしいぞと再度受診しエコーで見てもらったところ『妊娠してませんね!?』と・・・。Facebookにコメント頂いたり色々なところで応援してくださっていた皆様、本当に申し訳ございません!

お詫びごめん寝

次回からは『妊娠疑惑』の際には、触診でなく必ずエコーをしてもらうことを肝に銘じた関係者でございました。
皆様には誤情報を流し大変申し訳なく思っておりますが、団体と致しましては妊娠・出産という大仕事×2匹×赤ちゃんのお世話という預かりママ総動員の「壮絶な未知なる世界」がなくなったということで、実のところ正直胸をなでおろしておりました。

実は今回同じ場所から4匹の猫が保護されました。
一匹は前述の妊娠していなかった小雪、そしてもう一匹は同じく妊娠疑惑のあったマカロン。マカロンも小雪の事があったので受信したところ、やはり妊娠をしていませんでした。ただマカロンの場合は『白い膿のようなもの』が出ていて、妊娠早期に流産したか、子宮蓄膿症の可能性があるとのことでした。その後2匹は避妊手術を受けたのですが、マカロンの膿の原因は子宮の炎症が原因とわかり、今回の手術で心配はなくなりました。

マカロン
↑マカロンちゃん、避妊手術のおかげで重病になるのをまぬがれました。

そして残りの2匹はかんなと小太郎という親子の猫です。かんなだけが先に保護されてしまい、仔猫の小太郎の安否が心配されていたのですが、かんながいない間小太郎を面倒見て守っていてくれたのがマカロンだったという、なんともホロっとくるお話です。

そんな訳で、「小雪・マカロン・かんな・小太郎」はあらためて里親さん募集となりました。大人猫3匹はまだ人馴れの練習中ですが、1月の譲渡会には出場できるよう預かりママさん達が頑張ってくれています。暖かく見守って頂けると嬉しいです。

小雪・マカロン・かんな・小太郎


そろそろ天気予報に雪のマークが出てきましたね。これからの時期、外で暮らす猫達には過酷な季節がやってきます。今日の譲渡会でもそんな暮らしを強いられていた子達が優しいあたたかいお宅に旅立つことが決まりました!ありがたいことに、今年を締めくくる良い譲渡会となりましたこと感謝申し上げます。

これからの季節皆様もどうぞ暖かく、お体ご自愛くださいませね、それではごきげんよう♪
スポンサーサイト
物資の支援をお願いします!
しっぽのなかま上越 ほしいものリストへ
ほしいものリストからお買い物していただくと、しっぽのなかま上越に物資が届くシステムです。