多頭につき一時預かり緊急募集!

★緊急事態の為、FacebookやTwitter等でシェアやリツイートのご協力お願いします!★

楽しいイベント情報の記事の後ではございますが、先月から相談のあった多頭飼育の相談が一気に進行し、仔猫含め現在11匹の猫が団体に入ってきました⁉しっぽのなかま上越はシェルターがある訳ではないので、保護され譲渡会で新しい里親さんを探す猫達は「一時預かり」と言う個人のボランティアさんのお宅に預かってもらい、健康状態やトイレのしつけ等のお世話をしています。そもそも既に定員オーバーで万年不足気味だった一次預かりが、今回の一件でパンクしている状況です!!

アビシニアン風スコ耳、変型猫EXILE

多頭猫さん②

*********************************

■今回の経緯
相談人は上越市内の一人暮らしの70代高齢者の男性。6、7年前ペットショップで買った純血種「スコティッシュホールド」のオス猫を、不妊去勢せずに外へ出入り自由で飼育していたため、近所の野良のメス猫が子供を産み、それが増えていったことが原因。ご近所からも猫の糞やオシッコの被害から苦情があり困って団体に相談。

ポピー①
👆保護された仔猫です。
このように通称「スコ耳」と言われるスコティッシュの特徴のある子が今回何匹かいます。

実は今回の件で治療にあたってもらっている獣医さんの看護師さんの話では、何年か前その地域で「スコティッシュホールド」に似た仔猫が何匹も拾われていたとのこと。車通りの多い住宅街でもあるので、野良でも見た目の可愛い子は拾われる確率が多かったのだと思います。

************************************

いつもそうですが、今回も「不妊去勢」をし「室内飼い」をしていれば防げた話です。様々な問題・課題を内包している案件で、発足してまだ半年の団体としては慎重に取り掛かる必要がありましたが、とにかく出産シーズン後では遅い!タイミングを間違えれば猫の数は3倍以上になります。猫は多くて年3回出産しますので、その後年末までには途方もない数に膨れ上がることを懸念し、強行した次第です。

通常、今まで外暮らしをしていた猫をすぐに里親さんにお渡しすることはできません。病気になっていたりケガをしていたり、健康状態に問題がある猫たちが多いからです。今回のケースは見た目それほど深刻な子はいませんが(落ち着き次第健康診断予定)、半野良で生活をしていましたので成猫であればとくに人間との信頼関係を築くのに時間がかかります。子猫ならトイレもちゃんとできるようにする必要があります。

健康で、人懐こく、トイレもちゃんとできる猫・・・そんな猫なら里親さんも見つかりやすくなります。里親になっていただいたご家族からかわいがられるように、スムーズに新しい生活に移行できるように、終生かけがえのない家族としてそばに置いてもらえるように、ご自宅で一時的に預って育てていただく、しつけをしていただくというのが「一時預り」というボランティアです。

多頭猫さん①


一時預かりを募集するにあたり・・・・

■一時預かりボランティアさんの条件
①サポーター登録、ボランティア登録をしていただきます。
②猫を飼える環境ですか?(一軒家、ペット可の集合住宅など)
③ご家族全員が猫を預ることに賛成ですか?
④猫のために空けていただける部屋が一部屋ありますか?
⑤猫の飼育経験はありますか?
・・・①~③は必須条件です。④と⑤に関してはご相談ください。


■預りに必要なもの・・・
①ケージ、トイレ・・・団体より貸し出しもできます。
②フード、猫砂・・・団体より支給いたします。
③預り中にかかった医療費・・・保護主または団体よりお支払いします。
④その他の消耗品(ポリ袋、ティッシュ、等)はご負担ください。


預かることは可能だが先住猫がいて心配とか、日中留守にするのでそれでもできるのか?専用の部屋を用意できないなどの疑問や不安がありましたら、まずはご相談ください。
何卒よろしくお願い致します!


◎団体代表電話:080-4124-8899(受付時間:AM10時~PM6時)
◎メールアドレス:sippononakama.jo❤gmail.com(❤→@)
※携帯電話等で迷惑メール対策をされている場合は、メールを受信できるように設定をお願いいたします。


スポンサーサイト
物資の支援をお願いします!
しっぽのなかま上越 ほしいものリストへ
ほしいものリストからお買い物していただくと、しっぽのなかま上越に物資が届くシステムです。